西宮渡辺病院 | 来院されるかた
 >   > 入院費用と退院手続き

入院費用と退院手続き

入院費について

  1. ご入院が決まりましたら1階会計窓口にて50,000円を入院保証金としていただきます。(清算は退院時のみ)
  2. 入院費用は、診療報酬点数表及びその他規定により算定した料金をいただきます。
  3. 保険で入院される場合は、医療保険にて定める負担額をいただきます。
  4. 第3者行為(交通事故等)による場合で、事情により健康保険をご使用になる時は、それぞれの保険者(健保組合・社会保険事務所・市町村等)の承認が必要です。
  5. 個室を使用される場合、保険で定める入院料の負担金とは別に下記の室料差額をいただきます。
    なお、転室の場合、転室日の室料は転室後の室料になります。
  特別室 個室(トイレ有) 個室(トイレ無)
入院1日につき
(消費税込み)
21,600円 10,800円 8,640円
  • 電話は特別室・個室(発信のみ)でご利用いただけますが、電話料金につきましては別途いただきます。
  1. 入院費用は月単位、退院時での請求となり、毎月10日頃に請求書をお配りします。
締切り日 請求日 支払い期限
定期請求 月末 翌月 10日頃 請求日より 1週間以内
平日の退院 定期請求日〜退院日 退院日当日 退院日
休日の退院 退院日前の平日
  • 締切り日と請求日の間に休祝日がある場合、計算の都合上、請求日がその実日数分遅くなります。
  • 領収書の再発行はいたしません。(医療費の証明等に必要ですので大切に保管して下さい)
  • 入院費のお支払いは、平日の午前10時〜午後5時・土日の午前10時〜午後4時の間に1階会計窓口でお願いいたします。
  • クレジットカードは使用できません。
  1. 入院費が高額になる場合は、社会的支援制度があります。お支払いについてのご相談は1階事務所までお申し出下さい。
  2. 入院中も毎月保険証の提示をお願いします。
    月初めに各種該当保険証・その他受給者証等を、各階ナ-スステ-ション、または1階事務所までご提示下さい。なお、一部負担金、及び入院食事減額認定証も、該当される方はご提示下さい。

70歳未満の方の入院費用について

(受給者証をお持ちの方は提示により負担額の変更もあります。)

  • 70歳未満で、一般保険のみで受診の方は、医療費病院窓口 3割 負担になります。
    (異なる負担割合の保険あり)
  • 食事代は、入院食事標準負担額として、医療費とは別に 1食あたり260円 です。
    住民税非課税世帯の方で『標準負担額減額認定証』提示の方は、1食あたり 210円 です。

その他の方の入院費用について

後期高齢医療証・高齢受給者証・老人医療証で受診の入院費自己負担限度額(月額)<医療機関毎>

所得区分 負担割合 医療費自己負担限度額 食事標準負担額
(1食あたり)
生活療養費(食費)
(1食あたり)
生活療養費(環境費)
(1食あたり)
一定以上所得者 3割 80,100円/月
ただし、総医療費が月額267,000円を超えた場合は、超えた医療費の1%の加算あり
260円 460円 320円
一般 1割 44,400円/月
低所得者(Ⅱ) 1割 24,600円/月 210円(90日以内) 210円
160円(90日超え)
低所得者(Ⅰ) 1割 15,000円/月 100円 130円 0円
低所得者(Ⅰ)
(老齢福祉年金受給者)
100円

低所得者(Ⅱ)および(Ⅰ)については、『負担金限度額適用・標準負担減額適用認定証』の提示が必要です。(認定証については各市役所へお尋ねください。)
回復期リハビリテーション病棟においては、患者さまの疾患等により生活療養費が発生する場合がございますが、入院料のご負担は軽減されますので、お支払い金額に大きな変化はございません。
平成26年4月2日以降に70歳の誕生日を迎える方は、70歳の誕生月の翌月から2割負担となります。ただし、平成26年4月1日までに70歳の誕生日を迎えた方は、1割負担のまま変更はありません。

退院手続きについて

医師より退院許可
 

看護師の指示に従ってください
 

請求書が出来ましたら病棟クラークが病室までご連絡に参ります。
(費用の請求がない方でも必ず病棟クラークが病室にお伺いいたします。)
 

1階会計窓口にてお支払いください。
その後、領収書をナースステーションまでお持ちください。
預かり保証金のある方は保証書持参の上、精算忘れのないようにして下さい。
 

看護師より、退院後の生活指導と外来受診日等の注意事項をご説明させていただきます。
その後、診察券・退院証明書等を受け取られた上、ご帰宅ください。

お薬のある方は、会計横の院内薬局よりお薬をお受け取りください。

  • 午前中のご退院をお願いしております。
  • 休日、及び時間外の退院は、退院手続きが滞りますので、避けていただきますようご協力お願いいたします。
  • 事情により、休日・祝祭日等の退院の方は、前日に請求書をお渡ししますのでお支払いをお済ませください。また、急な退院の場合、お預り金をいただくことがあります。
  • テレビカードの残金は、1階待合ロビーの自動精算機にて精算してください。