西宮渡辺病院 | 来院されるかた
 >   > アミノインデックス検査(複数のがんのリスク評価)

アミノインデックス検査(複数のがんのリスク評価)

AICS(エーアイシーエス)とは?

AICSは血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康な人とがんである人のアミノ酸濃度のバランスの違いを統計的に解析することで、がんであるリスク(可能性)を評価する検査です。

検査の対象となるがんの種類

西宮渡辺病院 | AICS(エーアイシーエス)とは? | 検査の対象となるがんの種類

検査の結果について

西宮渡辺病院 | AICS(エーアイシーエス)とは? | 検査の結果について

AICSは、それぞれのがんについて、がんである確率を0.0〜10.0の数値(AICS値)で報告します。リスクの傾向は数値が高いほど、がんである確率が高くなります。
また、このAICS値からリスクを判断する目安として、「ランクA」「ランクB」「ランクC」に分類され、がんであるリスクの傾向が3段階で示されます。
リスクとは、確率、可能性、危険性などと呼ばれているもので、がんであるか否かをはっきりと判断するものではありません。

西宮渡辺病院 | AICS(エーアイシーエス)とは? | 検査の結果について

検査の対象者について

AICSは、下記年齢の日本人(妊娠されている方を除く)を対象として開発された検査です。これらの方以外のAICS値は評価対象外となります。

西宮渡辺病院 | AICS(エーアイシーエス)とは? | 検査の対象者について

AICS受診前の注意点

  • 検査のための採血は、食事後8時間以上あけ、午前中に受信してください。
  • アミノ酸のサプリメント、アミノ酸含有スポーツ飲料、アミノ酸製剤、牛乳・ジュースなども食事同様にお控えください。
  • 妊娠されている場合、AICS値に影響がありますので検査は受けられません。

検査費用(*保険適応外検査)

■男性5種:¥23,760(税込)
■女性6種:¥23,760(税込)

予約・相談窓口 西宮渡辺病院 医事課

TEL 0798-74-2630
FAX 0798-74-0199