西宮渡辺心臓脳・血管センター | 治療について
 >   > 医療安全管理室

医療安全管理室のご案内

医療安全管理室の役割

医療安全管理室は、病院の医療安全管理指針に基づき、組織横断的に活動し、医療の質を向上させ、医療の安全を推進するための院長直属の機関です。医療安全対策を個人の努力に委ねた安全ではなく、組織全体の問題として捉え、システム全体を安全性の高いものにしていくという考えを基盤に、‘安全文化'を根づかせるためのマネージメントを目指し、日々活動しています。

医療安全管理体制組織図

西宮渡辺心臓脳・血管センター | 医療安全管理体制組織図

主な業務内容

  • インシデント・アクシデントレポートの収集、保管、分析
    現場へのフィードバックと集計結果の管理、具体的な改善策の提案・推進とその評価
  • 医療安全の質向上のための情報収集、分析、企画・立案、指導及び評価
  • 医療安全に関するデータの分析結果および関連情報に関する職員への情報発信
  • 医療安全の質向上に関する教育・研修などの啓発活動
  • 医療安全管理マニュアルの作成および運用、見直しの提言
  • 医療安全に関する現場の情報収集及び実態調査
  • 院内感染対策における感染対策チームとの連絡調整
  • 各種医療安全に関する委員会の支援
  • 医療事故発生時の対応
  • 患者相談の対応
  • 医薬品、医療機器に係る安全管理
  • その他、医療安全組織体制の構築及び対応策の推進等に関すること

医療安全管理に関する主な活動

医療安全管理委員会 1回/月 医療安全管理対策に関する意思決定機関として各部門の責任者で構成した院長直属の委員会です。医療安全管理のための指針整備、医療事故の分析及び再発防止策の検討並びに見直し、医療安全管理のための啓発、教育に関すること等、医療安全管理に関する審議をしています。
緊急時には臨時招集を行い、臨時会議を開催します。
医療機器安全管理委員会 1回/月 医療機器安全管理責任者を委員長として構成し、医療機器保守点検の適切な実施確認や、医療機器安全使用のために必要な情報収集及び改善のための対策の審議をしています。
医薬品安全管理委員会 1回/月 医薬品安全管理責任者を委員長として構成し、医薬品の安全使用のための業務に関する手順書の作成及び見直し、業務の実施確認など医薬品安全に関する審議をしています。
リスクマネージメント委員会 1回/月 各部署より医療安全対策の中心となるスタッフを選出し、ヒヤリハット・インシデント事例の検討や再発防止策の立案及び実施確認、またマニュアルの見直しなどを行っています。委員メンバーがそれぞれの部署で安全対策実施の中心的役割がとれるように要因分析の手法やKYTなどの学習会も取り入れています。
医療安全カンファレンス 毎週 毎週、医療安全管理委員会の構成員を中心に、医療安全対策に係る取組の評価・検討会を行っています。
医療安全ラウンド 適宜 医療安全対策に係わるマニュアルの周知・遵守状況を確認しています。ラウンドは職員への啓蒙活動に繋がっています。
医療安全管理研修 2回/年
以上
医療法に基づき、全職員を対象に行っています。医療安全確保に向けて全職員の意識向上とともに100%の参加率を目指しています。

医療安全に関するお願い

当院では、安心できる医療の確保や感染防止のために、患者・ご家族様及び面会にお越しの皆様に、以下の様なご協力をお願いしております。

  1. お名前の確認にご協力ください
    患者様の間違いを防ぐためにお名前の確認をしています。お尋ねした際は、お名前をフルネームでお答えいただきますようお願いいたします。患者様自身での確認が困難な場合は、ご家族様にお尋ねします。また全ての入院患者様に、退院されるまでネームバンドを装着させていただいておりますので、ご協力ください。
  2. 転倒・転落予防について
    当院では、治療に専念していただき一刻も早い回復を願い、病院職員一同が、皆様の安全を高めるため、転倒・転落に注意しております。しかしながら住み慣れた家庭環境とは異なり、病院の慣れない環境での入院生活は体力の衰え・運動機能の低下等により、思いがけない転倒やベッドからの転落事故が起こることがあります。患者様のみならず、ご家族様も危険性をご理解いただき、安全に向けた取り組みへのご協力をお願いいたします。入院履物は、日頃履きなれた「かかと」のあるものをご持参ください。
    ※ 当院では、スリッパやサンダルは滑りやすいため、原則禁止しております。