西宮渡辺心臓・血管センター | 治療について
 >   > リハビリテーション科

リハビリテーション科

〜包括的リハビリテーションで患者さまのニーズにおこたえします〜

渡邊高記念会グループでは、病院・老人保健施設、訪問看護ステーションに療法士を配置しています。
西宮渡辺病院をはじめとした各施設が連携し、急性期・回復期・生活期それぞれのステージでリハビリテーション・サービスを提供しています。
チーム医療を展開する中で包括的リハビリテーションに取り組み、患者様や利用者様の生活機能の維持・向上を努めています。

リハビリテーション・スタッフ数(2017年8月1日現在)

PT(理学療法士)
18名(内、心臓リハビリテーション指導士6名)
OT(作業療法士)
4名(内、育児休暇中1名)
ST(言語聴覚士)
2名

施設基準

心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ)
脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)

対象疾患

心大血管疾患、脳血管疾患、廃用症候群など

心臓リハビリテーション

心臓リハビリテーションとは

当院の取り組み

  • 他職種連携カンファレンス:
    医師・看護師・理学療法士・管理栄養士、薬剤師、MSWなどが患者様の現状を共有、把握することで今後の方向性などを確認していきます。
  • 心不全チーム:
    各職種の代表が集まり心不全カンファレンスの開催。
    重症心不全患者様の緩和ケアについてのカンファレンス。
    慢性心不全認定看護師による外来心リハの介入。
    心不全関連の勉強会の開催。

脳血管リハビリテーション

脳卒中などの脳血管疾患を中心に365日、急性期(SCU)からのリハビリテーションを行っています。理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が早期から介入し、手術の有無に関係なく患者様の状態に合わせながら廃用症候群の予防、基本動作や日常生活動作の獲得を図っています。また、患者様やご家族の希望・医学的所見・今後の見通し・利用できるサービスなど、患者様にとって最適な選択ができるようにカンファレンスを行っています。

現在、HONDA歩行アシストによる歩行練習も行っています。

退院までの流れ

西宮渡辺心臓・血管センター | 退院までの流れ

当法人におきましては、医療・福祉・介護を一貫して提供していけるよう体制を整えております。転院などでご希望に添えない場合もあるかと思いますが、一度ご相談下さいますようお願いいたします。

西宮渡辺心臓・血管センター | 退院までの流れ
西宮渡辺心臓・血管センター | 退院までの流れ
西宮渡辺心臓・血管センター | 退院までの流れ
西宮渡辺心臓・血管センター | 退院までの流れ

西宮渡辺心臓リハビリクリニック

西宮渡辺病院

健康塾

健康運動指導士による疾病予防運動療法を行います。

通所リハビリテーションデイケア西宮わたなべ/介護老人保健施設ハートケア西宮わたなべ

通所リハビリの利用者様や老健入所者様の健康維持・推進をお手伝いします。

訪問看護ステーション むろかわ/まえはま

訪問看護と連携して在宅での動作練習や健康維持・推進をお手伝いします。