西宮渡辺心臓脳・血管センター | 治療について
 >   > 副院長 心臓血管外科統括部長 吉田 和則 医師

医師紹介

西宮渡辺心臓脳・血管センター | 副院長 心臓血管外科統括部長 吉田 和則 医師

副院長 心臓血管外科統括部長 吉田 和則 医師

略歴

京都府出身

  • 1997.6月 神戸大学附属病院第二外科入局
  • 2001.6月 天理よろづ相談所病院心臓血管外科医員
  • 2003.8月 明石医療センター心臓血管外科医長
  • 2008.4月 西宮渡辺心臓脳血管センター心臓外科部長
  • 2017〜 同センター副院長兼心臓血管外科統括部長

参加学会及び資格

  • 日本胸部外科、心臓血管外科学会、血管外科学会3学会構成
  • 心臓血管外科 専門医、修練指導医
  • アジア心臓血管外科国際会員
  • Active Member of The Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery
  • JACVSD, NCD診療科長(NCD Department Director)
  • 日本外科学会 専門医、指導医
  • 日本脈管学会 専門医
  • ステントグラフト内挿術 指導医
  • 下肢静脈瘤血管内焼灼術 指導医
  • 日本不整脈学会ICD/CRT植え込み資格
  • 卒後臨床研修医指導者
  • 身体障害指定医(心臓、呼吸器、腎臓)
  • 日本冠動脈外科学会
  • 日本循環器学会
  • 日本不整脈心電学会(旧:日本不整脈学会)
  • 日本救急医学会

学位取得及び受賞歴

  • 学位取得「Mitral valve replacement versus annuloplasty for treating severe functional mitral regurgitation」
  • 第64回日本胸部外科学会学術集会 最優秀演題賞(2011/10/12)
  • 2015年度General Thoracic and Cardiovascular Surgery 最優秀論文賞
西宮渡辺心臓脳・血管センター | 学位取得及び受賞歴  西宮渡辺心臓脳・血管センター | 学位取得及び受賞歴  西宮渡辺心臓脳・血管センター | 学位取得及び受賞歴

業績(出版物、誌上報告:抜粋)

出版物
単行本 続 麻酔科臨床の書 -心臓手術と麻酔の手引- 医学書院2011/5/19発行
単行本 続 麻酔科臨床の書 -A.M.C.心臓手術と麻酔の手引- 改訂版 医学書院 2017年改訂版
単行本 A.M.C.心臓手術と麻酔の手引:実践9症例 医学書院 2017/6/12
西宮渡辺心臓脳・血管センター | 出版物  西宮渡辺心臓脳・血管センター | 出版物
誌上報告
吉田和則 感染性心内膜炎で鑑別困難な大動脈炎症候群の1例 循環器科.2002;52:349-352
吉田和則 上行大動脈高度石灰化を伴う大動脈弁狭窄症に対するapico-aortic bypassの1例 呼吸と循環. 2003;51:727-729
Yoshida K Management of aymptomatic aortic stenosis in patients undergoing CABG Circulation journal.2003;67:199-202
Yoshida K Two contributions concerning mild to moderate aortic stenosis in patients undergoing coronary bypass grafting. J Heart Valve Dis. 2003 Mar; 12(2): 270-271
吉田和則 当院における活動期感染性心内膜炎の検討 循環器科 2004; 55:194-5
吉田和則 PDA,MR,TR,afに対する手術例 胸部外科2004;57: 1127-30
吉田和則 難治性左房内血栓を呈したprotein-C 欠損症の1例 心臓 36: 755-8, 2004
Yoshida K Gastrointestinal Complications in the Patients Undergoing Coronary Artery Bypass Grafting Annals of Thoracic and Cardiovasc Surg 2005;11:25-8
Yoshida K Dissection and rupture of the left subclavian artery presenting as spontaneous hemothorax in a patient with von Recklinghausen's disease J Thoracic Cardiovasc Surg 2005; 53: 117-119
Yoshida K Optimal treatment of intrathoracic extramedullary haematopoiesis resembling posterior mediastinal tumor Kyobu Geka 2005; 58: 835-37
Yoshida K Acquired von Willebrand Disease Type IIA in Patients with Aortic Valve Stenosis Annals of Thorac Surg 2006; 81:490-4
Yoshida K Acquired and Reversible von Willebrand Disease with High Shear Stress Aortic Valve Stenosis Annals of Thorac Surg 2006; 81:1114-6
Yoshida K Diastolic heart failure in Patients with Aortic Valve Disease. Kyobu Geka 2006; 59: 324-328
吉田和則 僧帽弁閉鎖不全に対する僧帽弁手術の検討 循環器科2006; 59: 405-8
Yoshida K Transaortic Cannulation for Balloon Pumping in a Patient with Angina and Abdominal Aortic occlusion. Jpn J Cardiovasc Surg 2006;35:89-91
Yoshida K Are we using the right fluid mechanics principles? Annals of Thorac Surg 2007;83:354-60
吉田和則 開心術後縦隔炎に対する持続洗浄VACの1例 循環器科2008;63: 503-507
吉田和則 大動脈弁狭窄症に対する人工弁置換術 LiSA 2007; 14(4): 366-372
吉田和則 僧帽弁閉鎖不全症に対する弁形成術 LiSA 2007; 14(6): 602-6011
吉田和則 心房中隔欠損症に対するパッチ閉鎖術 LiSA 2007;14(8): 816-25
吉田和則 狭心症に対する冠動脈バイパス術 LiSA 2007;14(11): 1130-41
吉田和則 急性A型上行大動脈解離に対する上行大動脈置換術 LiSA 2008;15(1):80-91
吉田和則 狭心症に対する心拍動下冠動脈バイパス術 LiSA 2008;15(2): 168-179
吉田和則 僧帽弁狭窄症に対する弁置換術 LiSA 2008;15(4): 400-409
吉田和則 胸腹部大動脈瘤に対する人工血管置換術 LiSA 2008;15(6):618-629
吉田和則 大動脈弁閉鎖不全症に対する自己弁温存手術 LiSA 2008;15(8): 806-817
吉田和則 急性心筋梗塞後心室中隔穿孔に対するパッチ閉鎖術 LiSA 2008;15(10): 1022-1032
吉田和則 急性肺血栓塞栓症に対する直視下血栓摘除術 LiSA 2008;15(12): 1242-1250
Yoshida K A Case of Valve Sparing Aortic Root Replacement Concomitant with Cusp Repair for Annuloaortic Ectasia Kokyu to Junkan 59:321-324,2011
吉田和則 循環器領域における救急医療の諸問題 西宮医師会誌16:97-100,2011
Yoshida K Repair versus Replacement of Mitral Valve for Treating Severe Functional Mitral Regurgitation ASCVTS 19th Meeting
吉田和則 開心術後縦隔炎に対する持続洗浄VACの1例 臨床外科66:983-986,2011
吉田和則 虚血性重症僧帽弁逆流に対する外科治療戦略 胸部外科64:963-67,2011
吉田和則 西宮渡辺心臓血管センターについて 西宮市医師会談話室494:9-9,2011
吉田和則 虚血性重症僧帽弁逆流に対する外科治療戦略 Medical tribune 44:19-19,2011
吉田和則 ハイブリッド手術室のポテンシャルと期待 新医療452:124-27,2012
Yoshida K Mitral valve replacement versus annuloplasty for treating severe functional mitral regurgitation Gen Thorac Cardiovasc Surg. 2013(Epub ahead of print)
Yoshida K Mitral valve replacement versus annuloplasty for treating severe functional mitral regurgitation. Gen Thorac Cardiovasc Surg. 2014 Jan;62(1):38-47.
Yoshida K A Successful Case of Papillary Muscle Relocation for Severe Ischemic Mitral Regurgitation Kokyu to Junkan 2015;63: 787-791
吉田和則 2管球CT 新医療2015;9:8-13
吉田和則 Left Ventricular Torsion in Papillary Muscle Relocation for Severe Functional Mitral Regurgitation Kyobu Geka 2015;68:1045-1048
吉田和則 優秀論文を受賞して JATS News Letter 32, 3, 2016

メッセージ

Speady & Safety & Steady

2008年春、当センターへ赴任し、心臓血管外科部門を開設致しました。迅速、安全で確実な治療をモットーとし「患者さまの病院作り」を目指して10年となりました。当時と比較すると、目を見張るほどの発展を遂げ、阪神南地区の中核施設にまで成長しました。

社会のニーズの変化で、ステントグラフト、MICS(低侵襲僧帽弁手術),TAVR(経カテーテル的大動脈弁置換術)など、細分化された先進医療を提供するため、循環器内科医や麻酔科医、看護師、医療工学技士、検査科、薬剤部、リハビリテ―ション科を含めたHeart teamの結束で、充実した診療が行える様になりました。

我々は、まだまだ成長の段階で、「病気を診る」のではなく、「病気を抱えた人を診る」といった、初心を忘れず、これに応える事ができるタフな人材を育てる必要があります。これからも真摯な姿勢で、熱意だけは負けないように頑張っていきたいと考えております。

外来診療担当表

午前

受付時間: 8:30〜11:30 診察: 9:00〜12:00

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
   吉田
(予約)
  吉田
(予約)