西宮渡辺心臓脳・血管センター | 西宮渡辺心臓・血管センター
 > クイック脳ドックのご案内

クイック脳ドックのご案内

生活習慣の改善はもちろん、疾病の早期発見・早期治療、健康維持のために定期的な人間ドックをおすすめします。

当院では脳疾患についてのドックを行っており、脳の健康状態を診断することが可能です。

ご希望の方は、受付窓口またはお電話にて承っております。

※ドッグのご依頼は、ご希望日の2〜3週間前にはご連絡下さいますようお願い致します。
(検査予約が必要なため、直前のお申し込みの場合ご希望に添えない場合があります。)

コース・金額

コース名 コース価格  
クイック脳ドック 特別キャンペーン価格:¥25,000(税込) 詳細はこちら

こんな方におすすめ!

  1. 血圧が高めの方
  2. 糖尿病・肥満の方
  3. 家族で脳卒中になった方がいる方

【クイック脳ドック対象外の方について】
 脳ドックのMRI検査装置には強い磁力が働くため、心臓ペースメーカーが入っていらっしゃる方は受けることができません。

 手術などで身体内に金属が入っている方、頭部や頸部にコイルやクリッピングが入っている方も受けることができません。

クイック脳ドック検査内容

検査項目 内容 発見される主な疾患等
生化学的検査・血液学的検査 総コレステロール、アルブミン、中性脂肪、γ-GTP、HbA1c、LDL/HDLコレステロール等 詳しい内容はこちら
頭部MRI検査 3テスラを含む2台のMRI装置で頭蓋内を撮影 脳梗塞・脳腫瘍・脳動脈瘤・脳出血・もやもや病 等
結果説明 医師による検査結果説明

生化学的検査・血液学的検査項目表

各項目 名称 検査でわかる内容 クイック脳ドック
生化学的検査 総コレステロール 血液中のコレステロールの総量を調べる検査です。高値では動脈硬化症の危険因子となります。
アルブミン 栄養状態および肝・腎機能を評価するために必要な検査です。
総ビリルビン ヘモグロビンの代謝産物です。肝疾患の診断、黄疸の鑑別などに必要な検査です。
AST(GOT) 代表的な肝機能の指標です。肝障害時のほか、骨格筋、心筋の障害時でも高値となります。
ALT(GPT) 代表的な肝機能の指標です。肝障害時に高値となります。
γ-GT(γ-GTP) 肝機能の指標の一つです。アルコール性肝障害などで高値となります。
LD(LDH) 心臓や肝臓の各種疾患、貧血や炎症などで高値となります。
UN(BUN) 代表的な腎機能の指標です。 腎機能の低下、腎不全などで高値となります。
クレアチニン 代表的な腎機能の指標です。 腎機能の低下、腎不全などで高値となりま
Ca(カルシウム) 骨代謝や筋収縮、血液凝固に関与します。腎臓や骨、副甲状腺の疾患などで変動します。
ナトリウム これらの項目は水分の代謝異常や体液のバランスを調べるために必要な検査です。腎不全などで低値となり、脱水や下痢などで高値となります。
クロール
カリウム 神経・筋の興奮性に関与します。腎不全などの排泄障害では高値となり、下痢や嘔吐などがあると低値となります。
尿酸 核酸(プリン体)の最終代謝産物です。高値では痛風の危険因子となります。
HDL-コレステロール 一般的に善玉コレステロールと呼ばれます。低値では動脈硬化症の危険因子となります。
LDL-コレステロール 一般的に悪玉コレステロールと呼ばれます。高値では動脈硬化症の危険因子となります。
中性脂肪 血液中の中性脂肪の量を調べる検査です。高値では動脈硬化症や膵炎の危険因子となります。食事の影響を大きく受け、食後に上昇しま す。
アミラーゼ 膵臓や唾液腺から分泌される酵素です。膵疾患や唾液腺疾患などで高値となります。
クレアチニンキナーゼ 骨格筋や心筋、平滑筋、脳に存在する酵素です。これらの部位が損傷すると高値になります。
HbA1c 糖尿病の診断と経過観察に必要な検査です。 過去1〜3ヶ月間の平均血糖値を反映します。
血液学的検査 末梢血液一般検査  

ご予約・お問合せ先

社会医療法人渡邊高記念会 西宮渡辺心臓脳・血管センター
TEL:0798-36-1880
(受付時間:月曜日〜金曜日:8:30〜17:00、土曜日:8:30〜11:00)