西宮渡辺病院 | 診療科目
 >   > 呼吸器内科

呼吸器内科

呼吸器内科の紹介

呼吸器領域における慢性咳嗽の原因として、慢性閉塞性肺疾患(COPD)・気管支喘息・間質性肺炎・肺癌・肺抗酸菌感染症(結核・非結核)等があります。呼吸器内科ではレントゲン、CTなどの画像診断、喀痰検査および呼吸機能検査を用いて診断への手がかりをつかみます。COPD、気管支喘息と診断されれば、吸入薬・内服薬による治療介入をおこないます。傷んだ肺が治療をすることで元に戻るわけではありませんが、症状が改善すれば生活の質(QOL)を保つことができます。また間質性肺炎、肺癌、肺結核などは、気管支鏡など特殊な検査が必要となりますので専門病院へ速やかにご紹介させていただきます。慢性咳嗽でお困りでしたら一度受診してみてください。

検査

  • 胸部レントゲン
  • 胸部CT
  • 呼吸機能検査
  • 血液検査
  • 血液ガス分析
  • 呼気ガス分析

診療時間

午前

受付時間:8:30〜11:30 診療開始:9:00〜

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
      松浦(予約)   松浦(予約)

午後

受付時間: 13:45〜16:30 診療開始:14:00〜

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
  松浦(予約)        
      京本(予約)    

スタッフ紹介

役職 医師名
呼吸器内科部長 松浦 邦臣
非常勤医師 京本 陽行

»呼吸リハビリテーションの紹介ページへ