西宮渡辺病院 | 診療科目
 >   > 西宮人工関節センター

西宮人工関節センター

西宮人工関節センターの紹介

西宮渡辺病院 | 西宮人工関節センター

平成21年4月より西宮人工関節センターが西宮渡辺病院内に新しく併設されました。

  • 正座がつらい
  • 歩いていると足をひきずるくらい痛い
  • 階段の上り下りがつらい

など、痛くてつらい毎日で外へ出かけることも嫌になってしまわれる方が、高齢化社会を迎えてますます増えています。

加齢により下肢の大関節の軟骨がすり減り、痛みと共に脚が変形してきたことが主な原因で、痛みのため立ち上がる際に両手の支えが必要になったり、長い距離を歩けなくなり、快適な生活をおくるのが難しくなります。

階段の昇り降りでの差し込むような痛みに悩んでいる方、膝が痛い・股関節が痛みを自覚している患者様には、是非当人工関節センターの受診をお勧めいたします。

西宮渡辺病院 | お知らせ

西宮人工関節センターについて

西宮渡辺病院 | 手術防護服

西宮人工関節センターでは 次の5つを実践しています

  1. 感染予防のため、手術場はBio Clean Room (BCR)で宇宙飛行士が着るような防護服を着用して手術を行っています
  2. 出血対策として回収式自己血輸血を行い、いわゆる他人からの輸血を回避しています
  3. 手術侵襲を最小限に抑える最小侵襲手術(MIS)を行い、手術翌日より歩行訓練開始など、早期リハビリテーションを行っています
  4. 深部静脈血栓予防のため、手術中から健側に、術後両側に弾力ストッキングとフットポンプを装着と術後早期リハビリテーションを行っています
  5. 術後疼痛に対して、術後2日間は経静脈的に自己調整による管理を行っています

人工関節の手術について

最小侵襲手術(MIS)について(Minimally Invasive Suragery)

 最小侵襲手術(MIS)とは手術に際し、筋肉、関節包、皮膚などの軟部組織や骨などの侵襲を最小限に抑えて手術を行うことです。それにより、術後の疼痛を軽減し、筋力の回復が早く、より早くに機能的な状態に回復させることを目標としています。

 人工膝関節には主に単顆置換型人工膝関節置換術(UKA)全人工膝関節置換術(TKA)があり、人工股関節に対しては全人工股関節置換術(THA)があります。

膝関節について

単顆置換型人工膝関節置換術(UKA)とは

 変形性膝関節症は外傷など明らかな原因があっておこる場合(二次性関節症)と、原因がなく起こる場合(一次性関節症)があります。一次性関節症の多くは膝の内側の軟骨がすりへり、徐々にO脚(内側荷重)になっていくことにより骨の棘ができるなど、関節の変形が進みます。また、大腿骨顆部骨壊死などの場合にも結果的に関節の痛み、動きの制限などが起こってきます。これまでこのような症例の場合、高位脛骨骨切り術(HTO)や全人工膝関節置換術(TKA)が適応されてきましたが、条件が満たされるときには次のように膝関節の内側のみを人工膝関節に置き換える手術が可能です。それが単顆置換型人工膝関節置換術(UKA)です。傷が小さくてすむため、術後は早期社会復帰や膝の自然な動きが再現でき、膝の曲げ伸ばしにあまり制限がないなど大きな特徴をもっています。

西宮渡辺病院 | モバイル型人工膝関節

西宮渡辺病院 | 術前・術後

術後(正面、側面)の白く丸く見える部分が人工関節で、自然な膝の動きを再現します。

西宮渡辺病院 |

術翌日より歩行が可能で膝の屈曲も大きく術後平均屈曲角度は135°です

全人工膝関節置換術(TKA)とは

前述のUKAが適応となるような単顆部の疾患では無く、より高度な変形性膝関節症や関節リウマチには全人工膝関節置換術(TKA)が適応になります。

西宮渡辺病院 | 全人工股関節

西宮渡辺病院 | 術前・術後

術後(正面、側面)の白く見える部分が人工日より歩行が可能で疼痛は軽減され、術後歩行、階段昇降が楽になります。

西宮渡辺病院 | 術前・術後

術前のO脚変形が術後矯正されます。術翌日より歩行が可能で膝の平均屈曲角度は約120度です。

股関節について

全人工関節置換術(THA)とは

 変形性股関節症、関節リウマチの股関節罹患、大腿骨頭壊死などに対して全人工股関節置換術(THA)を施行します。当センターでは、固定法は可能な限りセメントを用いないで行っています。THAの術後成績は以前に比べると安定してきていますが、長期的にはゆるみが問題となります。その原因のひとつがポリエチレンの磨耗と言われており、当センターでは磨耗が少ないセラミックを用いています。

 手術では出血するため、いわゆる輸血(他人の血液)を回避するため、入院前に外来で1週間おきに400mlを2回、計800mlの自己血を貯血します。術後は回収式自己血輸血を行います。

西宮渡辺病院 | セラミック型人工股関節

西宮渡辺病院 | 術前・術後

 白く見える部分が人工関節です。手術翌日より部分荷重、術後2週より全荷重歩行開始し、約4週間の入院です。疼痛は軽減し、歩行が楽になります。

トピックス

人工関節手術1000例突破

西宮渡辺病院 西宮人工関節センター 福岡 慎一

日本での人工関節手術は1年間に人工膝関節は約8万例、人工股関節は約6万例で併せて約14万例になります。高齢者社会を迎えて益々増加傾向にあります。

西宮渡辺病院では人工関節に特化し専門的に治療を行うべく2009年4月に西宮人工関節センターを開設しました。その手術症例が2017年6月に1000例を突破、その内訳は全人工膝関節(TKA)525例、単顆型人工膝関節(UKA)152例、全人工股関節(THA)323例。2009年に私と共に赴任した政田先生は2017年5月末で退職、代わって阪和人工関節センターから福永先生が赴任してくれました。6月の人工関節1000例目の手術には政田先生も駆けつけてくれました。

西宮渡辺病院 | 写真1 1000例目の手術を終えて (左から福岡、政田先生、谷浦先生、福永先生)

写真1 1000例目の手術を終えて (左から福岡、政田先生、谷浦先生、福永先生)

症例数も増え、経過観察機関も長くなってきているので、術後経過成績や評価、様々な新たな術式などを年に数回、国内だけでなく国際学会発表も行っています。

西宮渡辺病院 | 写真2  国際学会発表 2014年 EFORT(ヨーロッパ整形外科災害外科学会)(London) 座長はOxford大学のMurray教授西宮渡辺病院 | 写真2  国際学会発表 2014年 EFORT(ヨーロッパ整形外科災害外科学会)(London) 座長はOxford大学のMurray教授

写真2 国際学会発表 2014年 EFORT(ヨーロッパ整形外科災害外科学会)(London) 座長はOxford大学のMurray教授

2015年にはUKAで世界的に著名なOxford大学のMurray教授とDodd先生が来院、Dodd先生には直接手術に入ってもらい、手術について議論しました。

西宮渡辺病院 | 図3 Oxford UKA手術を終えて(左から政田先生、福岡、Dodd先生)

図3 Oxford UKA手術を終えて(左から政田先生、福岡、Dodd先生)

当センターで手術を受けられた方の会(西宮渡辺人工関節友の会)があります。現在会員数は約300名。毎年1回講演会や懇親会を開催し、会員の方の体験談や趣味を披露していただき、その後会場により歓談してもらっています。今年は9月30日(土)14時より夙川公民館で開催予定です。

西宮渡辺病院 | 図4 患者様と仲間によるヘルマンハープの演奏(2016年 夙川公民館)

図4 患者様と仲間によるヘルマンハープの演奏(2016年 夙川公民館)

人工関節手術はまだ発展途中の手術です。最新の知見を取り入れながら、より長持ちをし、より機能的で、より痛くない手術を目指して発展していきたいと考えています。これからも西宮人工関節センターをよろしくお願いいたします。

Oxford大学 Murray教授とDodd先生が来院。

西宮渡辺病院 西宮人工関節センター  福岡 慎一

膝関節の一部を置換する、単顆型人工膝関節(UKA)を開発したイギリスのOxford大学からMurray教授とDodd先生が平成27年9月7日(月)に本院に来院されました。Oxford UKAは世界中で一番使われているUKAで、長期的にも優れた成績が報告されています。日本では2002年より使用可能となり、私も当初より手術を行っていますが、今年9月より新たに骨セメントを使用しない機種が日本の一部の先生が使用可能となり、その手術を見学、指導しに来られました。彼らは2004年には私が当時勤務していた関西労災病院に来られて以来、日本では2度目の手術見学です。

まずは、理事長、院長に挨拶され、症例について議論を交わしました。Murray教授はCambridge大学出身でレガッタをしていたとのことです。Dodd先生は今年イギリスでワールドカップが開催されているラグビー経験者で、院長と私もラグビー部出身であることでラグビーのポジションの話をしました。今回の日本代表の活躍を予期していればもう少しワールドカップの話をしたのですが、ラグビー発祥のイギリスの人には日本ラグビーの認識はあまりないようです。

UKAに関してはイギリス人に比べて日本人の膝は小さく、また骨壊死患者が多いため日本での成績に興味を持たれており、来年には多施設で協力してその報告をすることとなりました。

手術ではDodd先生が手洗いをして、色々とご指導いただきました。おそらく世界で一番この手術をされているだけあって、なるほどとうなずくことも多く非常に有意義なアドバイスをいただき、無事に手術を終えました。

来年も日本での再会を約束して彼らは翌日、次の目的地の中国へ行かれました。

西宮渡辺病院 | トピックス

写真1 左から佐々木院長、Dodd先生、佐々木理事長、Murray教授、福岡

西宮渡辺病院 | トピックス

写真2 無事手術を終えて。左から政田先生、福岡、Dodd先生

西宮渡辺病院 | トピックス

 平成21年4月、当院に西宮人工関節センターが設立されました。これまでに、変形性膝関節症、大腿骨顆部壊死症、変形性股関節症、大腿骨頭壊死症、大腿骨頸部骨折に対して、4年間で400例以上の人工関節置換術を施行してまいりました。関節疾患を中心に、地域に密着した人工関節センターになりつつあると考えております。しかし、手術件数が増加しても、治療成績や患者さまの満足度が低ければ意味がありません。

 つまり、いかに術後合併症を起こさないように関節機能を再建するか、いかに長期耐久性のある人工関節を提供できるかが、昨今問わず重要となります。

 そこで、平成24年1月から、人工股関節置換術の術前計画に『3次元CTシミュレーショ(LEXI Zed Hip)』を採用しております。より安全に、正確に人工関節置換術をすることが可能になりました。採用後は、脱臼等の合併症は認めておりません。 患者さま個人個人の骨に合わせた、いわゆる『テーラーメイド医療』が可能です。

西宮渡辺病院 | トピックス

3次元CTシミュレーションの特徴

  1. 術前に3次元的にインプラントのサイズや設置位置などを高精度に決定することができます。
  2. 計画通りに手術することにより、脱臼等の術後合併症が起こりにくく、安全で正確な手術が可能となります。
  3. 骨の変形が強く脚長差のある症例では、大腿骨骨切り量や脚延長量などをあらかじめ測定し、正確な脚長補正が可能となります。
  4. 可動域シミュレーション機能を用いることで、ステム・カップ・大腿骨・骨盤のインピンジメント(干渉)を視覚的に確認し、術前に術中操作をイメージして手術に望むことができます。

 

  • 股関節・膝関節痛でお悩みの方は、西宮人工関節センターへ、ご相談にお越し下さい。
  • 膝・股関節の精査の上、痛みの原因や治療法をわかりやすくご説明いたします。
  • 保存的治療から手術・リハビリテーションまで、幅広く安心できる医療を提供してまいります。

手術実績

手術名 合計
股関節 膝関節
全人工股関節 全人工膝関節 単顆型人工膝関節
THA TKA UKA
平成28年 39件 51件 28件 118件
平成27年 43件 70件 28件 141件
平成26年 40件 75件 21件 136件
平成25年 45件 72件 15件 132件
平成24年 39件 63件 12件 114件
平成23年 45件 71件 14件 130件
平成22年 37件 56件 9件 102件
平成21年 17件 39件 10件 66件

※他の医療機関検索サイトで誤った件数が掲載されている場合がございます

学会発表・講演・論文発表

学会発表

2016年

学会名 日時 場所 演題名 氏名
第46回日本人工関節学会 2月26日 大阪 CR型TKAにおける屈曲Gapの術中、術後2年の評価 大山洋平
政田俊明
福岡慎一
高岡邦夫
第46回日本人工関節学会 2月26日 大阪 セメントレス型Bicontact THAにおける術後ステム周囲骨反応の検討 政田俊明
福岡慎一
高岡邦夫
第126回中部日本整形外科災害外科学会 4月9日 浜松 電撃傷受傷後に発症した巨大骨嚢胞を伴う変形性膝関節症に対しTKAを施行した1例 大山洋平
政田俊明
福岡慎一
高岡邦夫
第127回中部日本整形外科災害外科学会 9月30日 松本 Mobile bearing Unicompartmental Knee Arthroplasty 福岡慎一
政田俊明
高岡邦夫

2015年

学会名 日時 場所 演題名 氏名
第45回日本人工関節学会 2月27日 福岡 Oxford Partial Kneeにおける全可動域でのGapの定量的評価 福岡 慎一
政田 俊明
高岡 邦夫
第88回 日本整形外科学会 5月21日 神戸 Mobile bearing Unicompartmental Knee Arthroplasty 福岡 慎一
政田 俊明
山本 展生
13th Association France Japon d' orthopedie(AFJO)(oral presentation) 6月5日 フランス Mobile bearing Unicompartmental Knee Arthroplasty For spontaneous osteonecrosis of the knee 福岡 慎一
政田 俊明
高岡 邦夫

2014年

学会名 日時 場所 演題名 氏名
第44回 日本人工関節学会 2月21日 宜野湾 Oxford UKA 1251例の10年成績
Oxford UKA 10 years clinical results of Oxford UKA in 1251 cases
福岡 慎一
第44回 日本人工関節学会 2月22日 宜野湾 CR型TKAにおける屈曲Gapの術中、術後評価
During and Postperative Evaluation of Flexion Gap in CR–TKA
福岡 慎一
南 義人
政田 俊明
高岡邦夫
第44回 日本人工関節学会 2月22日 宜野湾 Oxford UKA 1400症例の臨床成績 –多施設– 福岡 慎一
15th. European Federation of National Associations of Orthopaedics and Traumatology 6月5日 London Osteonnecrosis of the Knee in Japanese Patients Sinichi Fukuoka
Toshiaki Masada
Yoshito Minami
Kunio Takaoka
5th. Pacific Rim Orthopaedic Symposium 7月31日 Sapporo Long – Term Clinical Results with UKA for SONK Sinichi Fukuoka
Toshiaki Masada
Kei Taniura
Hiroyuki Tanaka
Takeharu Sasaki
Oxford Masters Dinner Meeting 7月31日 Seoul Japanese Experience Long – Term Clinical Outcome in Japan A Multicenter Study of 1458 Oxford UKAs Sinichi Fukuoka

2013年

学会名 日時 場所 演題名 氏名
第43回 日本人工関節学会 2月22日 京都 特発性大腿骨顆部壊死に対するUKA –壊死範囲の検討– 政田 俊明
福岡 慎一
高岡 邦夫
第43回 日本人工関節学会 2月23日 京都 単顆型人工関節における脛骨vertical cutの方向とベアリングの位置に関する検討 福岡 慎一
第5回 JOSKAS 6月21日 札幌 CR–TKAにおいてMeasured Resection法による伸展・屈曲ギャップの検討 政田 俊明
福岡 慎一
高岡邦夫
第121回 中部日本整形外科災害外科学会 10月3日 名古屋 Porous–coated Modular Stemを用いたRevision THA 4例の治療成績 南 義人
福岡 慎一
政田 俊明
高岡邦夫

2012年

学会名 日時 場所 演題名 氏名
第42回 日本人工関節学会 2月25日 宜野湾 Oxford UKAの術後7年から10年の中長期成績
Clinical Results of Oxford Unicompartmental Knee Arthroplasty –7 and 10 year follow–up–
福岡 慎一
政田 俊明
高岡 邦夫
第4回 JOSKAS 7月20日 宜野湾 CR型TKAにおけるParallel Cut法を用いた大腿骨コンポーネントの回旋角度
The Rotational Alignment of Femoral Component in CR TKA by Parallel Cut Technique
政田 俊明
福岡 慎一
高岡 邦夫
4th. Panpacific Rim Orthopaedic Symposium 9月13日 Bangkok CR TKA: Bearing options Sinichi Fukuoka
Toshiaki Masada
Kunio Takaoka

2011年

学会名 日時 場所 演題名 氏名
第41回 日本人工関節学会 2月25日 宜野湾 CR型TKAにおけるトルクの増加による伸展ギャップ屈曲ギャップの開大傾向 政田 俊明
福岡 慎一
高岡 邦夫
第41回 日本人工関節学会 2月25日 宜野湾 Modified Gap TechniqueによるCR–TKAの各屈曲角度におけるGap計測
– Cadaver Study –
福岡 慎一
AFJO 6月3日 Bordeaux Postoperative Evaluation of PCL in CR–TKA 福岡 慎一
政田 俊明
高岡 邦夫
第3回 JOSKAS 6月16日 札幌 CR型TKAにおけるPCLの術後評価 Postoperative Evaluation of PCL in CR–TKA 福岡 慎一
政田 俊明
高岡 邦夫
第3回 JOSKAS 6月17日 札幌 CR型人工膝関節置換術における後方骨棘切除が伸展、屈曲ギャップに与える影響 政田 俊明
福岡 慎一
高岡 邦夫
第13回 日本骨粗鬆症学会 11月3日 神戸 大腿骨近位部骨折におけるFRAXの有用性 政田 俊明
福岡 慎一
高岡 邦夫
講演

2015年

講演名 日時 場所 演題名 氏名
市民講座 6月5日 塩瀬公民館 ひざと股関節の健康セミナー〜寝たきりにならないために〜 政田 俊明
西宮労災指定医協会 7月23日 芦屋 単顆置換型人工膝関節(UKA)の現況 福岡 慎一
西宮市公民館推進委員主催健康講座 7月29日 西宮 ひざの痛みと治療について 福岡 慎一
Oxford Partial Knee Instructional Course 9月5日 Tokyo Other Indications -AVN- Shinichi Fukuoka

2014年

講演名 日時 場所 演題名 氏名
西宮医師会北口会 1月25日 西宮 膝関節の一部を置換する人工膝関節
– 人工膝関節片側置換術とは? –
福岡 慎一
Oxford Partial Knee Instructional Course 8月30日 Sapporo Other Indications – AVN – Sinichi Fukuoka
Oxford Partial Knee Master Course 8月31日 Sapporo Japanese Multi – Center Clinical Result Sinichi Fukuoka
第13回 大阪最新整形外科研修セミナー 11月8日 大阪 単顆型人工膝関節(UKA)の最新の知見 福岡 慎一

2013年

講演名 日時 場所 演題名 氏名
Knee Cadaver Training in BKK 7月27日 Bangkok TKA CR Surgical Technique Sinichi Fukuoka
Oxford UKA Seminar 8月31日 東京 Other Indications–AVN– Sinichi Fukuoka

2012年

講演名 日時 場所 演題名 氏名
阪神 Biologics Seminar 1月14日   生物学的製剤使用下の人工膝関節置換術 福岡 慎一
第7回 西宮最新医療フォーラム 4月14日 尼崎 人工膝関節の最新の知見–単顆型人工関節(UKA)の現状– 福岡 慎一
Oxford UKA Seminar 9月1日 札幌 Other Indications–AVN– Sinichi Fukuoka
Oxford UKA Seminar 9月2日 札幌 Oxford UKA Phase III Clinical Results–7–10 years Follor-up– Sinichi Fukuoka

2011年

講演名 日時 場所 演題名 氏名
第11回 野村証券 食と健康セミナー 3月15日 大阪 膝の痛みの原因と治療–予防から最新手術まで– 福岡 慎一
Oxford Partial Knee Master Course Western Japan 2011 4月2日 福岡 Surgical Technique Sinichi Fukuoka
Oxford Partial Knee Master Course Western Japan 2011 4月2日 福岡 Tibical Cutting Part 2(Rotation) Sinichi Fukuoka
Oxford Partial Knee Master Course Western Japan 2011 4月2日 福岡 Complications 福岡 慎一
Triathlon Family Seminar 5月21日 大阪 UKAの順応 福岡 慎一
第5回 学んで治そう健康セミナー 6月21日 西宮 膝の痛みの原因と治療–予防から最新手術まで– 福岡 慎一
Oxford UKA Seminar 7月9日 大阪 Other Indications–AVN– 福岡 慎一
Triathlon Family Seminar 9月10日 広島 UKAの適応 福岡 慎一
兵庫県保険医協会西宮芦屋支部病診連携勉強会 10月14日 西宮 膝の痛み–予防から最新手術まで– 福岡 慎一
Biomet Hip & Knee Joint Symposium 12月4日 東京 Cruciate Retaning Total Knee Arthroplasty Flexion Control Sinichi Fukuoka
論文発表

2013年

論文名 雑誌名 氏名
Oxford phase 3 Unicompartmental Knee Arthroplasty in Japan
–Clinical Results in Greater Than One Thousand Cases Over Ten Years
The Journal of Arthroplasty 28 Suppl. 2 Sinichi Fukuoka