西宮渡辺病院 | 診療科目
 >   > 脳神経外科

脳神経外科

脳神経外科の紹介

 脳卒中(脳血管障害)や頭部外傷を中心に診療しており、可能な限り救急疾患にも対応しております。脳卒中は、地域医療連携の中で急性期から回復期リハビリまでの治療を行っております。

診療内容

西宮渡辺病院 | 頭痛・めまい・しびれ

 脳卒中(脳梗塞、脳出血など)は突然起こる脳の血管障害で、患者さま本人にとってもご家族にとっても、その後の生活が一変する一大事であり、 後遺症を最小限にするような専門的な治療が必要となります。できるだけ早期の脳卒中急性期治療・対処が重要で、特に脳梗塞の場合は発症3時間以内の超急性期の診断・治療が有効な場合があります。当院では24時間体制で検査を施行し、適応症例には血栓溶解療法を行なっております。

 また、リハビリ部門(理学療法・作業療法・言語療法)が充実しており、早期から積極的にリハビリテーションを開始し、急性期から回復期に至るまでの継続したリハビリを提供しております。さらに、摂食障害例では栄養サポートチームとも連携し、栄養管理なども含めた総合的なカンファレンスを開いたり、脳卒中の再発予防という観点から、生活習慣病、 特に高血圧・糖尿病・脂質異常症などのリスクファクターのある方の生活指導を行うなど、チーム医療を実践しています。

検査

  • レントゲン撮影・血液検査
  • CT・ MRI・MRA
  • 脳血管撮影
  • 頚動脈エコー検査
  • 認知症に対する脳機能検査
  • 眼底カメラ
  • 重心動揺計検査

※脳波検査につきましては、西宮渡辺心臓・血管センターにて実施可能です。

手術症例

慢性硬膜下血腫の例(穿頭術による血腫ドレナージ)

西宮渡辺病院 | 慢性硬膜下血腫の例(穿頭術による血腫ドレナージ)

最後にひとこと

 脳卒中は高血圧や糖尿病といった生活習慣病が原因になっていることが多いので、各自が日頃から生活習慣を見なおして予防に努めることが重要です。治療だけでなく、健康な脳を少しでも長く維持できるように皆様の健康管理の手助けをしたいと考えています。

診療時間

午前

受付時間:8:30〜11:30 診療開始:9:00〜

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
           

午後

受付時間: 13:45〜16:30 診療開始:14:00〜

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
           

西宮渡辺心臓・血管センターにおいても診療を行っています。
お問い合わせ先0798-36-1880(代表)

西宮渡辺病院 | 平成25年4月より、併設医療機関「西宮渡辺心臓・血管センター」でも脳卒中外来が始まりました。

スタッフ紹介

役職 医師名
副院長 脳神経外科部長 箕倉 清宏
関連ドック