西宮渡辺病院 | 診療科目
 >   > 外来化学療法センター

外来化学療法センター

第一の国民病である癌は手術療法を初めいろいろな治療を必要としています(集学的治療)癌の三大療法は、外科的手術・化学療法(抗癌剤治療)・放射線治療ですが、その化学療法の普及に伴い、外科でも快適な状態で治療を受けて頂けるように、当院でも外来化学療法センターを開設致しました。
急変時に人工呼吸器も使用出来る状態に配管し、心電図モニターを設置。個人用ロッカーも完備。冷蔵庫で冷たい物を保管する事も可能。万全の体制を取りながらも、プライベートを考慮して各ベッド間をカーテンで仕切って個室性も備えました。
西宮渡辺病院 | 外来化学療法センター

アメニティの面も配慮し、ビデオにも接続でき、テレビも見れるモニターを設置。ベッド専門メーカーによって開発された、長時間化学療法をしていても快適なリクライニングベッドを導入しています。
ソフト面では、化学療法をされる患者さんができるだけ快適に過ごして頂けるように外来事務、看護師、検査科が一丸となって対応しております。

現在は大腸がんの患者さんの全身化学療法(FOLFOXやFOLFILI)を中心として施行しております。
現在は月曜、火曜、木曜の3日間で行っていますが、症例の増加に伴って、他の曜日にも対応できるようスタッフの増員も検討しています。

今後は、癌でお悩みの患者さんに少しでも貢献できるように、フルオープン出来るように整備を行って行きたいと思っております。
何かお気づきの点がございましたら、ご遠慮なくスタッフにお問い合わせ下さい。