西宮渡辺病院 | 診療科目

脊椎外科

脊椎外科の紹介

脊椎外科では背骨(頸椎、胸椎、腰椎、仙椎)に関する様々な疾患の診断・治療を行っています。手足のしびれや麻痺、首の痛み・肩こりや腰痛に関しても診療しております。

診療内容

当院では通常のレントゲンに加え、CT、MRIなどの検査を行っております。これらの画像検査に加え、専門的な神経学的診察により診断を行います。

治療としては薬の内服治療に加え、リハビリテーションやブロック注射(硬膜外ブロック、星状神経節ブロック、神経根ブロック、仙骨ブロック、トリガーブロックなど)を行っております。

手術に関しては体に負担の少ない低侵襲治療を心掛けており、内視鏡手術(METRx system)や手術用顕微鏡を使用した脊椎手術を中心に行っています。また経皮的に骨セメントを注入する椎体形成術(Balloon kyphoplasty)や金属を用いた脊椎固定術なども行っております。

検査

  • 血液検査
  • レントゲン撮影
  • 脊髄腔造影・神経根造影
  • CT
  • MRI

手術

  • 頸椎椎弓形成術
  • 頸椎前方固定術
  • 胸椎後方除圧術/後方除圧固定術
  • 腰椎後方除圧術(顕微鏡もしくは内視鏡を使用)
  • 内視鏡下ヘルニア摘出術(METRx)
  • 腰椎後方固定術
  • 椎体形成術(Balloon kyphoplasty)
  • 脊髄腫瘍摘出術(髄内腫瘍を除く)  など